働ける職場

歯科衛生士の専門学校に通い試験を受け、歯科衛生士の免許を取得したらほとんどが歯科医院で歯科衛生士として働きます。歯科医のサポートや受付業務もありますが、国家資格を持っているので歯科助手にはできない仕事ができます。給料面でも資格手当がつくなどメリットがあります。

専門学校で受講できる歯科衛生士コースでは、様々な分野の授業を受けるので、資格取得さえしていれば歯科医院以外でも働けます。歯科医院にも開業医と総合病院にある歯科まで幅広いので、総合病院で働くこともできます。大学病院、保健所、歯材メーカーなど歯科衛生士の働き方もいくつかの選択肢があります。

実習授業専門学校在学中には、様々な実習授業を行います。実習先は歯科医院や大学病院だけでなく、保健所や高齢者施設、幼稚園や小学校などにも行きます。高齢者施設や障害者施設、幼稚園や小学校では、歯磨き指導を行います。歯科衛生士として歯科医院で働く場合、歯磨き指導は歯科衛生士の仕事となるので学生のうちに経験しておくのです

保健所や保健センターでは、歯科医師が相談会を開催することがあるので、その時にサポートをするという実習もあります。3年間で学ぶことは山ほどありますが、それをしっかりと仕事に活かせるのが専門学校のメリットです