歯科衛生士コース

歯科衛生士の専門学校は全国にいくつかありますが、歯科衛生士コースで学ぶ内容は歯科に関することはもちろんですが、それ以外の分野も幅広く学びます。専門学校によって多少内容やカリキュラムは異なりますが、学科授業の他に臨床実習なども含まれるので内容はかなり充実しています。

学ぶ3年かけて学ぶ内容は、口腔衛生学・歯科衛生士概論・う蝕予防法・薬理学・保健指導論・感染予防法など歯科に関すること以外も学んでいきます。歯科衛生士は受付の仕事もするので、受付マナーやビジネスマナーの授業もあります。歯科医の補助的役割も仕事に含まれるので、歯科診療補助論なども学びますし、病理学や微生物学、歯周病予防法まで幅広い内容となっています。

昼間は専門学校で学び、学校が終わってから歯科医院でアルバイトをすることもできます。昼間は歯科医院で働き、仕事が終わってから夜間コースに通い働きながら学ぶということもできます。ただしこれは夜間コースがある場合です。専門学校による違いはありますが、授業は月曜日~金曜日のところが多いです。夜間コースの場合は、学べる時間が限られるので土日に授業を行うこともあります。コースはライフスタイルに合わせて選べます。

働ける職場