働ける職場

歯科衛生士の専門学校に通い試験を受け、歯科衛生士の免許を取得したらほとんどが歯科医院で歯科衛生士として働きます。歯科医のサポートや受付業務もありますが、国家資格を持っているので歯科助手にはできない仕事ができます。給料面でも資格手当がつくなどメリットがあります。

専門学校で受講できる歯科衛生士コースでは、様々な分野の授業を受けるので、資格取得さえしていれば歯科医院以外でも働けます。歯科医院にも開業医と総合病院にある歯科まで幅広いので、総合病院で働くこともできます。大学病院、保健所、歯材メーカーなど歯科衛生士の働き方もいくつかの選択肢があります。

実習授業専門学校在学中には、様々な実習授業を行います。実習先は歯科医院や大学病院だけでなく、保健所や高齢者施設、幼稚園や小学校などにも行きます。高齢者施設や障害者施設、幼稚園や小学校では、歯磨き指導を行います。歯科衛生士として歯科医院で働く場合、歯磨き指導は歯科衛生士の仕事となるので学生のうちに経験しておくのです

保健所や保健センターでは、歯科医師が相談会を開催することがあるので、その時にサポートをするという実習もあります。3年間で学ぶことは山ほどありますが、それをしっかりと仕事に活かせるのが専門学校のメリットです

歯科衛生士コース

歯科衛生士の専門学校は全国にいくつかありますが、歯科衛生士コースで学ぶ内容は歯科に関することはもちろんですが、それ以外の分野も幅広く学びます。専門学校によって多少内容やカリキュラムは異なりますが、学科授業の他に臨床実習なども含まれるので内容はかなり充実しています。

学ぶ3年かけて学ぶ内容は、口腔衛生学・歯科衛生士概論・う蝕予防法・薬理学・保健指導論・感染予防法など歯科に関すること以外も学んでいきます。歯科衛生士は受付の仕事もするので、受付マナーやビジネスマナーの授業もあります。歯科医の補助的役割も仕事に含まれるので、歯科診療補助論なども学びますし、病理学や微生物学、歯周病予防法まで幅広い内容となっています。

昼間は専門学校で学び、学校が終わってから歯科医院でアルバイトをすることもできます。昼間は歯科医院で働き、仕事が終わってから夜間コースに通い働きながら学ぶということもできます。ただしこれは夜間コースがある場合です。専門学校による違いはありますが、授業は月曜日~金曜日のところが多いです。夜間コースの場合は、学べる時間が限られるので土日に授業を行うこともあります。コースはライフスタイルに合わせて選べます。

働ける職場

歯科衛生士が学ぶ専門学校

歯科衛生士になるには国家試験を受け、合格しなければいけません。歯科衛生士の資格を取得するための国家試験にも受験資格があるので、誰でも無条件で受験できるわけではありません。受験資格が与えられるのは、高校卒業後に歯科衛生士に必要な知識を学べる専門学校か大学か短期大学に通い卒業した人だけです。

専門学校以前は修業年限が2年以上とされていましたが、現在は修業年限が3年以上に変わっています。そのため現在は4年制の大学で学び、卒業後に国家試験を受けるという流れになっています。4年制の大学に通いその後大学院で、研究者として進むという道も開かれるようになっています。歯科衛生士を目指す人は、卒業後国家試験を受けます。歯科衛生士の国家試験は毎年3月に実施されます。年に1度だけとなるので、不合格の場合は翌年まで受験できません。合格した人は、歯科衛生士免許が与えられ、歯科衛生士名簿に登録されます。

歯科衛生士の専門学校は、3年制となっています。4年制大学で学ぶという選択肢もありますが、この場合専門学校よりも1年多く学びます。専門学校と4年制大学では1年の差が生じるので、歯科衛生士になるのも1年遅くなります。スケジュールは過密になりますが、専門学校で3年学びその後国家試験を受ける方が、1年早く歯科衛生士になれるのです。国家試験まで最短コースとなるため、現在は歯科衛生士を目指す人の多くは専門学校に進学しています。専門学校で学べる内容も実に様々です。

歯科衛生士コース